#

『2019年度スマスイ自然環境保全助成』助成対象研究決定!!

当園では、「2019年度スマスイ自然環境保全助成」の助成対象研究13件(助成金総額200万円)が決定いたしましたので、ご報告させていただきます。
当園では「スマスイ自然環境保全助成」を2010年度より実施しており、生物多様性の保全や自然環境保護に関する調査・研究に取り組んでいる団体または個人に対し、調査や活動に必要な費用の助成を行っています。厳正なる審査の結果、今年度は以下の13件(団体・個人)に決定いたしました。なお、助成決定交付式および事前説明会を5月18日(土曜)13時より開催いたします。

 

◆助成期間◆

2019年5月18日(土曜)~2020年2月29日

 

◆助成研究件数◆

13件

 

◆助成総額◆

200万円

 

◆助成決定団体◆

  団体名 研究課題
1 丹波地域のホトケドジョウを守る会 ホトケドジョウの保全・探索活動および保全啓発活動
2 岡山ため池外来種調査会 瀬戸内海島嶼における淡水ガメの分散
3 神尾 祐輔 播磨灘沿岸に生息する魚類の寄生虫相の解明に向けた調査
4 NPO法人 空から自然を考える会 瀬戸内海における空から見た自然環境の記録
5 牛窓のスナメリを見守る会 ドローンを使ったライントランセクトによる牛窓のスナメリ調査
6 須磨ふるさと生きものサポータ 須磨旧市街地における生態系サービスを継続享受するためへの活動
7 中田 和義 芦田川水系のスイゲンゼニタナゴ個体群のモニタリング評価
8 谷 良夫・阪口正樹 瀬戸内海の浮桟橋に生息するワレカラ類の多様性とその生息環境
9 四国の右下生き物研究会 徳島県日和佐川における堰の影響と可搬魚道設置効果の継続評価
10 きしわだ自然友の会 兵庫県洲本市由良湾におけるウミウシ類相の解明および保全に向けた希少種の選定
11 NPO法人 日本ハンザキ研究所 小河川及びダム湖下流におけるオオサンショウウオの生息調査
12 レッドイヤースライダーズ 須磨区堂谷池・小松池における外来生物駆除とモニタリング
13 福田川クリーンクラブ (仮)豊かな自然環境が残る都市河川福田川水系の生物多様性確保の取り組み

 

◆助成決定交付式および事前説明会◆

2019年5月18日(土曜)13時~   当園 本館2階 レクチャールーム

 

◆その他◆

2020年3月に「2019年度スマスイ自然環境助保全助成報告会」開催予定

 

 

※スマスイ自然環境保全助成制度とは...
調査・研究事業の一環として、神戸市および周辺地域における生物多様性の保全や自然環境保護を推進していくために、平成22年度に須磨海浜水族園が独自に設立した制度です。