#

スナメリ情報お寄せください!!

魚釣りをしている時や船でどこかに出かけた時、海岸に散歩に出かけた時など、スナメリを見ることがありましたら、教えて下さい!

スナメリは瀬戸内海で見ることのできる、クジラの仲間です。20年30年前までは、瀬戸内海の多くの場所で見ることのできたありきたりな生きものでしたが、今ではその姿を見る機会はずいぶんと減ってしまったようです。

知らない間に、瀬戸内海からいなくなっていると、ちょっと悲しくありませんか?

 

◆教えてほしいこと◆

・ご報告者さまのお名前と連絡先(電話番号・住所)
・発見場所
・発見日時

・発見状態

海で泳いでいる、海岸に死んで打ち上げられている、生きた状態で海岸に打ち上げられている、網に絡まっているなど。
・生死

頭の上にある鼻で呼吸をしているかどうかで確認してください。生きたまま海岸に打ち上げられていたり、網に絡まっている

場合、そのまま海に戻しても死んでしまいます。そんなスナメリを発見された方は、至急、水族園にご連絡下さい。水族園

スタッフが、状態の確認などをしに現地に行きます。

 

◆スナメリ情報送り先◆

E-Mail:info@sumasui.jp
FAX:078-733-6333
TEL:078-731-7301/5161
〒654-0049 兵庫県神戸市須磨区若宮町一丁目3番5号 
担当:中村


スナメリ色修正-1.jpg   PA170095-1.jpg


スナメリ

クジラ目ハクジラ亜目ネズミイルカ科に属する小型鯨類で、成長しても体長は2m程度にしかなりません。ハンドウイルカのような背びれや吻はなく、背中には正中線にそって隆起が見られます。
日本における主要な分布域は、仙台湾から東京湾、伊勢・三河湾、瀬戸内海から響灘、大村
湾、有明海・橘湾で、日本沿岸の個体群については、水産庁のレッドデータブックにおいて希少種に指定されています。
瀬戸内海では、山口県周辺の海域での発見が多数あるのに対し、大阪湾や播磨灘、紀伊水道
などの瀬戸内海東部海域での発見は少ない。