#

【2019年12月26日~2020年1月26日】企画展「令和もイカナゴを食べたい!そのために考える展」―イカナゴが湧く「豊かな海」ってどんな海?―を開催

園では、イカナゴと生息する海の環境について学んでもらうための企画展 「令和もイカナゴを食べたい!そのために考える展」-イカナゴが湧く「豊かな海」ってどんな海?-を開催します。
春の風物詩、イカナゴ(Ammodytes personatus)は兵庫県の郷土料理として、「イカナゴのくぎ煮」を中心に古くから家庭で賞味されてきた、貴重な水産資源です。瀬戸内海は全国でも有数のイカナゴの産地ですが、近年では漁獲量が激減しており、値段も高騰しています。このままでは、庶民の味とは言えない高級魚になってしまいます。漁獲量が減る中で、海の環境はどう変化してきたのでしょうか。イカナゴがたくさん獲れる豊かな海とは何か?今回の企画展示を通じて考えてみませんか?

 

◆展示期間◆

20191217ikanago-HP.jpg

漁獲されたイカナゴの新子

(画像提供:ひょうご豊かな海発信プロジェクト協議会)

2019年12月26日(木曜)~2020年1月26日(日曜)

 

◆展示場所◆

当園 本館2階 企画展示ブース

 

◆展示生物◆

イカナゴ Ammodytes personatus

・全長約10㎝
・生後約1年の生体
・約30個体

 

◆展示物(一部)◆

・解説パネル(イカナゴの生態や、海の環境問題など) 
・着ぐるみ展示「イカナゴの新子ちゃん・新平くん」
・イカナゴ漁やくぎ煮に関する記録映像(約2分)
・マンガ冊子「瀬戸内海を豊かな海に!」(3,000部無料配布)

 

◆共 催◆

ひょうご豊かな海発信プロジェクト協議会

 

※展示生物の状態により、予告なく展示を中止、展示期間を変更する場合がございます。