#

【2020年2月15日開催】サイエンスカフェ第59弾「サカナを愛し、愛を知る。今夜は(サカナの)愛について語ろう」※参加者募集中!

園では、スマスイサイエンスカフェ第59弾「サカナを愛し、愛を知る。今夜は(サカナの)愛について語ろう」を開催します。

飼育している愛魚に餌を与えるとき、彼らが「毎回餌を与えてくれる飼育者」を認知しているのでは?と感じたことはないでしょうか。
今やペットとして身近になった観賞魚は、実は優れた認知能力や、人間とよく似た「心的作用」が確認されています。今回のサイエンスカフェでは、魚類の認知能力と彼らの「愛」について、〝熱帯魚オタク″な佐藤特任教授にお話しいただきます。ぜひ皆様ご参加ください。

 

 

 

20191216sciencecafe59-HP1.jpg

 

◆開催日時◆

2020年2月15日(土曜)18時~20時

17時30分開場、18時30分受付終了(以降はご入場いただけません)

 

◆開催場所◆

当園 本館1階 大水槽エントランスホール

 

講演者

20191216sciencecafe59-HP2.jpg

佐藤 駿(さとう しゅん) 大阪市立大学 特任助教

【専門分野】

魚類を対象とした行動生態学・比較認知科学・進化生物学

【プロフィール】

中学生時代に南米産カワスズメ科魚類ディスカスを飼育して以来、魚類の行動・生態に取り憑かれた”熱帯魚オタク”。大阪市立大学にて修士・博士時代はタンガニイカ湖のカワスズメ科魚類の生態を研究、日本学術振興会特別研究員を経て学位を取得(理学博士)。研究目的以外にもカワスズメ科魚類を飼育し、繁殖させたサカナを観賞魚のコンテストにも出品している。オタク仲間からは湯船でディスカスを飼っていたので風呂ブリーダーと呼ばれている。

 

◆司会進行◆

 
20191011SC57-HP5.jpg

 

亀崎 直樹(かめざき なおき)

須磨海浜水族園 学術研究統括

 

参加費

1,000円/名(3歳以下無料)

 

申込方法

必要事項を明記の上、FAXまたはメールにて「2月15日サイエンスカフェ係」までお申込下さい。
【必要事項】サイエンスカフェのタイトル、代表者氏名、ふりがな、住所、電話番号、メールアドレス、参加人数(3歳以下を含む場合はその人数も記載)

 

申込先・問合せ先

神戸市立須磨海浜水族園 研究教育課

FAX 078-733-6333

メール info@sumasui.jp

 

その他

・お電話での申し込みはできません
・FAXまたはメールをお送りいただいた時点で申込完了となります
・定員に達した等の理由でご参加いただけない場合にのみ、水族園よりご連絡いたします。