#

【平成26年5月10日~】波の大水槽に、『イワシ玉』を展示

昨年は「7年振りに波の大水槽に、イワシ玉の復活!!」の触込みで、GW期間中の企画で展示を実施しました。これは、ただの集客目的ではなく、海の中では弱者のイワシが捕食されないため群れをなして身を守る「行動展示」、そして、イワシが植物プランクトンを食べて成長し、そのイワシを動物食の大型生物が捕食するといった生態系のピラミッドの縮図を水槽内で見てもらい、我々人間に及ぶまでの「命の育み」を感じていただきたく企画したものです。
しかしながら、昨年の展示は他の大型魚が旺盛に捕食したため、わずか数日で水槽内からほとんどいなくなってしまいました。そのスピードが予想以上に早く、一部の皆様から「可愛そうだ」など、ご意見もいただきましたが、当園としましては、『波の大水槽内で「イワシ玉」となって身を守り、そのイワシを捕食し自らの命を繋げようとする生物が織りなす自然界の摂理を知っていただき、「命の育み」を感じていただく』ため、今年も波の大水槽にイワシを展示いたします。

 

◆展示生物◆

マイワシ(体長約12センチメートル) 約2万匹

2013.iwasi-HP.jpg
 昨年の展示風景

 

 

 

◆展示水槽◆

本館1階 波の大水槽(水量約1200トン)

 

◆展示開始日◆

平成26年5月10日(土曜)~

 

◆企画展◆

展示開始日から、波の大水槽前エントランスホールで企画展「イワシ玉って、な~に!?」を同日から展示します。イワシについて、その生態やイワシを取り巻く環境、当園で展示している理念などを、写真やパネルで解説します。