#

第56弾「アマゾンの自然と鳴くカメ」

第56回目となるサイエンスカフェでは、Camila R. Ferrara(カミラ・フェラーラ)博士をお迎えし、ご講演頂きました。

 

◆講演者◆

Camila R. Ferrara(カミラ・フェラーラ)博士20190524.№9koubesyou-HP2.jpg

2001年にサントアマロ大学(Santo Amaro University-UNISA)で獣医学の学位を取得、その後、2007年、国立アマゾン研究所(National Research Institute of the Amazon-INPA)で修士号、2012年に博士号を取得。現在はブラジルのWildlife Conservation Society(WCS)にて、ネグロ川のモンキヨコクビガメの生態研究や、カメの音声コミュニケーションの研究を行っている。

 

◆開催日時◆

2019年7月6日(土曜)18時~20時(17時30分開場)

※受付は18時30分まで。以降の受付はできませんのでご注意ください。

場  所 当園 1階大水槽前 エントランスホール
◆参 加 費◆ お一人様1,000円(3歳以下無料)
◆定  員◆ 50名(先着順)
◆講演題目◆

「アマゾンの自然と鳴くカメ」

◆講演内容◆

広大なアマゾン川には湖や森林帯、砂浜など様々な環境があり、さらに雨季と乾季でもその姿は大きく様変わりします。鳴くカメとして注目を浴びているオオヨコクビガメは季節によって利用する環境を変え、なんと繁殖のために100kmもの旅をするとか。過酷で、でも魅力的なアマゾンの環境が育んだ、常識はずれなカメの暮らしについてご講演いただきます。